photoshopで水玉柄を作成

ドット柄の背景を作る

フォトショップで水玉模様の背景の作成の仕方をお伝えします。

やりたいこと

水玉の色、背景共に変えたい。

自分の備忘録も兼ねて書きます。

photoshop cc 2018 です。

流れはこうです。

  1. 新規でアートボードを作成する
  2. 新規レイヤーを作成(レイヤー1)
  3. レイヤー1をグレーに塗りつぶす
  4. フィルター→ピクセレート→カラーハーフトーン で水玉を作成
  5. 色域指定でドットをくり抜く、背景を透明にする
  6. deleteを押して背景を消す
  7. レイヤー2を作成し、好きな色で塗る
  8. レイヤー2をレイヤー1の下に持ってくる
  9. レイヤー1のレイヤースタイルを変える
  10. 完成!

1.新規でアートボードを作成する

サイズは任意です。私は、横1000位で作成しました。

2.新規レイヤーを作成(レイヤー1)

新規でレイヤーを作成します。

3.レイヤー1をグレーに塗りつぶす

2で作成したレイヤー1をグレーに塗りつぶします。必ずグレーにしてください。

グレーの色が薄いほど、ドットの間隔が広くなります。

私は、間隔を広くしたいので、薄めのグレー(#e5e5e5)にしました。

4.フィルター→ピクセレート→カラーハーフトーン で水玉を作成

  1. フィルターからピクセレート→カラーハーフトーンを選択します。
  2. 最大背景を20、チャンネルは全て45に設定し、OKをクリックします。

最大背景の数値でドットの大きさを調整することができます!

5.色域指定でドットをくり抜く

選択範囲→色相指定→ハイライト,許容量100%,範囲255→OK

6.deleteを押して背景を消す

deleteを押して、ドットをくり抜きます。

7.レイヤー2を作成し、好きな色で塗る

レイヤー2を作成し、塗りつぶしツールで色を塗ります。

これが背景色になります。

8.レイヤー2をレイヤー1の下に持ってくる

ドラッグアンドドロップで、レイヤー2をレイヤー1の下に持ってきます。

ドットが前に出てきましたね。

9.レイヤー1のレイヤースタイルを変える

レイヤー1のレイヤースタイルを変更します。

カラーオーバーレイ→描画モードを通常にして、色を変える

10.完成!

ドット柄の完成です!

透明度を下げることもできます。

 

以上になります♩

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

Calendar

2021年3月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP